何とか過払いを解決

過払い金とは、消費者金融をはじめとした金融機関に借りたお金のうち、法定利息を超えて返済を行っていた分、要は払いすぎていた利息の分を返還してもらおうというところからきている言葉です。

仮に自分で依頼をしようと思ったら、金融会社を相手にしなくてはなりませんし、書類も自分で作成する必要があります。
当然ですが、お金に関する知識が無ければ金融会社と争ったところで結果は見えています。
どんなに頑張ってみたところで相手は素人だということで、丸め込まれてしまうケースもあるのです。
これでは過払い金を返してもらうどころではありません。

そんなわけで、弁護士もしくは司法書士にこの件を依頼することになるわけですが、果たしてどちらに依頼をするのが適切なのでしょう。
一般的にはどちらに依頼をするということは、要求する金額によって異なると言われています。
140万円以下ならば司法書士、それ以上ならば弁護士といった具合です。
この範囲ならばどちらも書類作成から訴訟までを依頼可能となっているのです。

原則として、法律によって過払い金の返還を求めるわけですから、法律に詳しい人を雇った方が絶対に得です。
もちろん、依頼するときにかかるお金と返還される額が見合わないのであれば依頼も難しいかもしれませんが、仮に依頼をするのならばどちらに依頼するかと言うよりも、人を見て判断するのが賢いと思われます。
このサイトでは、これらのことについてもう少し詳しく紹介します。